裏切り者と怒られるので退職を言い出すのが怖かった私

新卒は退職したくても上司に言い出すのが怖い


「会社を辞めたい?何ワケのわかんねえこと言ってんの?」
「大体お前の採用や研修にいくらかかってると思うんだよ?」
「ノルマもクリアできてねえ分際で寝ボケたこと言うな!」
「お前なんかどこに行っても通用しねえよ?」
「この裏切り者が!」



新卒が退職したいと伝えると、上司に言われるあるあるのセリフです。




 


地獄のような会社から帰宅し、やっと眠れるとベッドに入ってもすぐに朝。

買ったゲームは未開封のまま。

押し合いの満員電車で会社と家を往復する毎日。


こんな生活があと何十年も続くかと思うと絶望してしまいます。


意を決して会社を辞めさせて欲しいと伝えても、上司の圧力で辞めることすら許されない。



面接の時はあんなに気持ちの良い対応をしてくれていたのに、入社式を境に鬼に変わる。

「こんなハズじゃなかったのに・・・」


入社までの間浮かれていた自分をぶん殴りたい。

ああ、大学生に戻りたい・・・・・。



進むこともできず。
引くこともできない・・・・。





もし新卒での会社選びに失敗してしまったのなら、退職代行を利用して早々に会社を辞めるのをオススメします。


世の中、第二新卒には寛容な時代になってきているので早い決断は絶対に有利。


逆にこのままズルズルとその会社に残っていると、手遅れになってしまうことも・・・・・。




退職代行に相談してみる



 

 

新卒が退職しようとしたら裏切り者と怒られ辞めさせてくれない


 

 



会社でこんな悩みを持っているのは自分だけではないはず

  • 休みの日も上司の怖い顔と怒鳴り声が頭から離れない
  • 始業時間の1時間前出社が暗黙のルール
  • 上司が帰るまでは会社に残らなければならない
  • ノルマ地獄で会議中罵倒され続ける
  • お局様からの嫌味でメンタルを削られる
  • 自爆営業を強制される
  • 病欠すら許されない


意気揚々と入った会社。

でも、毎日が想像以上にツライ。


毎日会社に住んでいるような生活で、わずかな睡眠と風呂に入るだけのために家賃を払っているみたいなもの。


しかも、そのわずかな睡眠時間にでさえ鬼の上司が「悪夢」として登場してきます。




ああ、日曜日のサザエさんを楽しんで観ていられたのはいつまでだったのだろう・・・・・・。





 

清水の舞台から飛び降りる覚悟で退職を申し出ると・・・・・


こんな状況が続いていくと何をやっても楽しくないし、何を食べても美味しくありません。

上司が会社を辞める、なんて状況が一気に好転する可能性は限りなく低いし・・・・。

やはり、与えられた選択肢は「会社を辞める」ことしかありません。




しかし、退職をしようとすると


 
  • 退職届を出そうとすると、さらに人手不足になり上司に言うのがすごく怖い
  • 退職を申し出ると「裏切り者」と怒鳴られる
  • 退職を申し出ると実家に電話される
  • 「ここで通用しないならどの会社でも通用しない」と脅される
  • 負担が増える同僚から白い目で見られる
  • 離職票などの必要書類をもらえない


こんなことを想像して踏み出すことができない・・・。




あんなに毎日「ボケカス!」「使えねえんだよ!」と怒鳴っているのに、辞めることは許してくれない・・・。



なんて理不尽な世界なんだ・・・。




あなたがこのまま会社に居続けると・・・・





退職したいけどなかなか踏み出せない・・・・。

でも、このまま今の会社で働き続けるとこんな人生が待っています。




 

  • 一生社畜で人生を終える
  • 第二新卒の資格も失い、なんのスキルもないまま30代を迎える
  • メンタルが崩壊してしまい、上司をあの世送りにして犯罪者になってしまう
  • 同僚が先に辞めてしまい、自分が辞めるタイミングを失ってしまう
  • 反抗しないというイメージが付いて理不尽な要求をのませられるようになる
  • 自爆営業で破産してしまう



精神的にやられてしまうだけではなく、身体的にもどうにもならない状態になってしまう恐れもあります。

最悪、自分の財産も失ってしまうことも・・・・・。



気が狂ってしまい上司を殴りつけて前科持ち、なんていう可能性だって否定できません。





「何がなんでもこの会社で成り上がって今の上司を見返してやる!」


なんて執念がある人なら別ですが、自分に合わない会社や上司からは離れるのが一番です。



 

トラブルなく退職できる方法は?



日本では会社員が自己都合で退職する権利は認められています。

なので退職することは違法でもなんでもありません。

しかし、そうそう簡単には退職を許してくれない会社が多いのは事実。



かと言ってバックレなどをした場合、家や実家に電話や玄関チャイムを押されたり・・・・。

離職票などの必要書類を用意してくれなかったりなど報復が怖いですよね。



じゃあ、弁護士に相談しては?と考えても1時間の相談料が数千円だったりすることも。

さらに退職交渉をしてもらう場合には着手金や成功報酬・・・・・。

普通の人は弁護士さんに世話になることもないので、依頼料がどれだけになるか見当もつきません。



でも、現在では「退職代行サービス」というものがあります。

自分に変わって一切の退職交渉を行ってくれるサービスです。

弁護士に依頼するような高額な費用も要りません。


 
  • 会社員が退職するのは法が認めた権利
  • でもバックレた場合の報復が怖い
  • 給料や離職票などをちゃんともらえるか心配
  • 弁護士に頼みたいけど相談料が高そう
  • キッチリ会社を辞められる退職代行サービスがオススメ



今の会社が原因で人生を終わらせてしまうのは馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

そんな会社なら退職代行を使って一刻も早く人生を軌道修正するべきです。


 

一瞬でしがらみから脱出できる!LINEだけで即日退職

 

  • 自分の意思さえ変えなければ100%会社を辞められる
  • 電話もせずにLINEだけで退職が完了できる
  • あとで会社から電話がかかってきて脅される心配がない
  • 必要な手続きを調べたりブラック企業と交渉したりする労力をすべてカットできる
  • 退職の邪魔をする会社の口車にのせられずスムーズに辞めることができる
  • パワハラ上司の顔を見て震えなくて済む




退職代行を利用すると100%会社を辞めることができます。

(ただし、自分で会社に残るという選択をした場合を除く)

また、上司に会わずに辞めることができる上に、会社からの嫌がらせもキッチリと対応してくれます。





 

退職代行を使って会社を辞めるとこんな未来が待っていた!

 






退職代行を利用するとあなたにはこんな未来が待っています。



  • 怖い上司から毎日怒られ続ける不安が消えたのでゲームをするくらい余裕ができた
  • 第二新卒の資格があるのでホワイトな会社の面接を受けられる
  • 実行したその日に退職できるので全てのストレスから解放され安心して再就職活動が出来る
  • 未払い賃金や有休消化交渉も代行してくれるので自分の権利をフルに行使でき泣き寝入りしなくてよい
  • 自爆も必要な営業ノルマ地獄から解放され人間らしい生活を取り戻せた
  • ブラック企業の嫌がらせを受けることなく安心して次の進路にすすめる
  • 新しいことを始めようという気力が湧いてくる



会社を辞めたい、逃げ出したいという精神状態になっている時って本当の自分ではなくなっています。

転職活動だって本来の判断ができず、また違うブラック企業を選んでしまうようなことも・・・・。



とりあえず本来の自分を取り戻す。




これが一番重要なことだと思います。



退職代行を使った場合、現会社や上司・同僚などのことをあれやこれやと考える必要が全くなくなります。


これだけでも退職代行を利用する価値がありますよ。




 

退職代行を使うデメリットとは



  もちろん、退職代行を利用する時にはデメリットもあります。

 

  • 退職すら自分でできないのか、と言われてしまう
  • 悪質な退職代行業者もいる
  • 退職するのに3万円ほどの費用がかかる
  • 退職のトラブルが心配



退職代行を使うと「非常識だ!」「退職くらい自分の口で言え!」などと言ってくる人は残念ながら一定数います。

でも、2度と会わない人に言われても直接言われることはありません。



また、中には悪徳業者みたいなところもあります。

労働組合でもなく弁護士資格もない業者もいますが、これはキチンと選べば問題ありません。




さらに、退職代行を利用するには3万円弱の費用が必要になります。

会社を辞めるのにお金が必要なのにはしっくりこないかもしれません。



でも、上司と面と向かって話をする辛さを考えたら安いものに見えますよ。

それに、このまま会社に居続けて精神や体を壊してしまったらこのくらいの費用では済まない可能性だってあるんですから。




会社が訴える!なんて吠えてきた場合でも、すべて退職代行が対応してくれるのでトラブルなんて気にしなくても大丈夫です。



 

 

今の自分が嫌な人は一度検討してみて欲しい

 
  • 仕事を楽しくしたい人
  • 自分の時間を確保したい人
  • 言いたいことがあっても言葉に出せない・動けない人
  • どう頑張っても上司が生理的に受け付けない人
  • 自分の人生を諦めていない人


退職代行サービスと聞くと利用するのにためらってしまう気持ちは分かります。

自分自身で退職を申し出るのが社会人だと当たり前だと。



でも、会社側がおかしいのだから仕方がありません。

退職という当然の権利すら認めてくれないのですからあなたは何も悪くはありません。




幸い世の中は第二新卒に対して昔のような色眼鏡で見なくなりました。

政府も企業側にそういう要望も出していますし。



若い時は失敗するものです。

でも、その失敗が致命的にならないのが若い時の特権。



ちょっとだけ勇気を出して早めの決断をすると、今後の人生が大きく変わって行きますよ!





退職代行に相談してみる